大阪のJavaエンジニアに必要なのは単語力!最低限の英語でも大丈夫です

大阪のJava求人ガイダンス

英語力はJavaエンジニアに必要?

英語力はJavaエンジニアに必要?

Pocket

プログラムと英語の関係

ほぼ全てのプログラミング言語は、英語が語源になっています。それゆえ、随所に英単語が登場してきます。Javaも同様に、ほぼ英語が語源です。プログラムに使われる英単語の意味が理解できるか、できないかで、プログラミングスキルに差が出てしまうのはやむをえないでしょう。また、業務上使用する各種資料や情報などには、英語の文献しかないようなものも少なくありません。ツールを使用するにも、何かを調べるにも、突如として英語の壁にぶちあたる場面が出てきます。完璧に読みこなす必要はないにせよ、大体の意味がわかる程度の英語力もあるに越したことはないでしょう。
また、IT業界では、英単語によるビジネス用語を多用する傾向があります。これは、英単語というよりも、ビジネス単語と割りきって、専門に勉強するのがよいでしょう。

プログラミング自体は最低限の英語力でOK

おそらく、プログラミングがある程度できるぐらいのスキルを持っている人であれば、最低限の英語力は持っていると思います。逆に言えば、プログラミングにおいてそれ以上の英語力は特に必要ありません。しかし、大阪にはワールドワイドな企業も多く存在しており、業務上ビジネス英語が必要となるケースも十分にありえます。最近では、数年前にニュースで話題になったとおり、社内の公用語を英語にするような企業もあるぐらいです。また、海外展開を推し進めている会社では、採用条件にTOEICの点数を定めている企業もあります。技術者に限らず、英語力があるかないかで、応募できる企業の幅が変わることは間違いありません。

さらに上を目指すなら、英語力もブラッシュアップ

プログラマとしてさらに上を目指すなら、一定以上の英語力を磨く必要があるでしょう。書店に売っているプログラミングの専門書などは日本語で書かれていますが、実は、その書籍の元となる資料・情報はほぼ100%英語で書かれています。そして、それら英語の文献・資料は、インターネット上で無料公開されています。もし、あなたが英語に長けていれば、専門書を買わなくても、技術資料を読むことができます。翻訳されるまでのタイムロスもなく、英語ができない人が日本語に翻訳されるまで最新情報を得られないようなことも、リアルタイムで情報を得ることができるようになります。また、英語を直接理解することで、翻訳による言語間のずれを回避でき、ニュアンスなども正確に捉えることができます。この差は技術者にとって、小さいようで大きな差となるでしょう。

Recommend おすすめ記事一覧

大阪のJava求人はなくならない?

大阪のJava求人はなくならない? Androidアプリ開発、WEB系開発と、今大人気の大阪のJavaエンジニア求人。今後、将来的にも大阪のJava求人は、増えることこそあっても、なくなる見通しはありません。Javaエンジニア求人の背景にあるのは、急拡大中のスマートフォン市場です。Androidアプリ開発のみならず、WEB系開発も、スマートフォン市場の拡大に伴って案件が増加しています。スマートフォン市場が消えない限り、Javaエンジニアニーズもなくなりません。 大阪のJava求人はなくならない?の詳細を見る

大阪ではJava案件の求人が急増中

大阪ではJava案件の求人が急増中 今、大阪のJava求人は急増しており、大阪のJavaエンジニア求人市場は、まさに売り手市場です。元々多数の案件がひしめくWEB系に加え、Androidアプリ開発が加わり、大阪のJavaエンジニア求人シーンは、今まさに人手不足の状況です。各社とも、Javaエンジニアの確保に必死に動いています。成長中の市場でビジネスを加速させるために、各社ともJavaエンジニアの確保は急務なのです。未経験者を採用して育成してでも戦力確保をする勢いです。 大阪ではJava案件の求人が急増中の詳細を見る

未経験からJavaエンジニアになる

未経験からJavaエンジニアになる Javaエンジニアになりたい未経験者にとって、今の大阪のJava求人市場は、過去に例のない好機といえます。スマートフォン市場拡大に伴って、Androidアプリ開発やWEB系の案件は日々増える一方ですが、どの企業も人手が足りずに人材確保に躍起になっているのが現状です。経験者をとりたいのはもちろんですが、あえて未経験者も採用し、自社で教育・育成して戦力として確保するという企業も増えています。 未経験からJavaエンジニアになるの詳細を見る