技術者を大切に考えてくれる大阪の会社で働こう!良いJava求人の見分け方をご紹介します

大阪のJava求人ガイダンス

良いJava求人の見分け方

良いJava求人の見分け方

Pocket

求人票から読み取る、企業レベルの低さ

エンジニアの求人情報には、当然のように技術用語・専門用語が出てきます。たとえば、残念ながら良く見かけるのが、「JAVA経験○年以上」という記載。この記載の何がよくないのか?ここで注目したいのが、専門用語の誤字や大文字小文字のミスです。Javaは、正式には全部大文字表記ではありません。なんだそんなことかと思いますか?Javaエンジニアを募集しているにも関わらず肝心な単語を正確に記載できないということは、その企業自体のレベルが知れていると解釈してほぼ間違いありません。さらに、この「JAVA経験○年以上」の記載には、誤字以外にも問題点があります。それは、「○年以上」という部分。この簡単かつ不透明な要件は実に無意味な記載です。何をもって○年以上とするのか?
なぜ、このようなお粗末な求人条件を記載してしまうのか。その理由は簡単です。求人票はたいていの場合、総務部門または人事部門で作成するものですが、技術部門の求人内容については、少なくともどこかのタイミングで開発の現場責任者なりが、チェック・確認するはずです。「JAVA経験○年以上」という記載のまま求人が出される理由は、開発現場責任者がその求人を真剣に見ていない、もしくは、開発現場と総務人事部門との部門間の横の連携がお粗末であり、開発現場の声が総務人事部門に届いていないか。この二つのどちらかだろうと予想できます。開発現場責任者がその求人を真剣に見ていないとすれば、その責任者のレベルが知れています。その企業に採用された場合、そのレベルの責任者の下で働くことになるわけです。一方、部門間の連携がとれていないとすれば、会社の雰囲気自体、おそらく良いとはいいがたいでしょう。管理部門と開発部門の関係が良くない会社では、技術者を大切に扱われていない可能性があります。技術者を大切にしない会社で働きたいと思う技術者は少ないでしょう。

では、どんな求人票なら良いのか?

上記の「JAVA経験○年以上」ほどお粗末ではないにせよ、その会社の具体的な業務内容、開発内容などが見えない求人も多く見かけます。どのような開発のために、どの程度の技術レベルを求めているのか、採用後に何をしてほしいのか。求人票は、応募者に求める技術レベル・スキルを持つ人が理解できれば良いのであって、そのレベルが無い人に理解してもらう必要はありません。応募する側のエンジニア視点で、その会社の技術レベルや開発状況などが見えてくる情報を開示している会社には、エンジニアから見ても採用された後の仕事内容も想像しやすくなり、好感がもてるはずです。セキュリティや秘密情報などの関係から、そう簡単には開示できないことも多いでしょうが、それでも開発現場と人事が協力して考え、本気で作成した「真剣な求人票」かどうかは、注意して読めばすぐにわかるものです。

社畜募集か、仲間募集か

条件やスキル要件などを一方的に羅列したような、応募側の立場を一切考えていない一方的な求人内容は、技術者のことを大切に考えている会社とは言いづらいでしょう。技術者に限らず、社員全般をあまり大切には思っていない可能性があります。社員を大切にし、同じ目標に向かって協力してくれる仲間としてみている会社は、採用募集の段階から応募者視点に立っています。応募者が知りたいことは、この会社に入るとどんな環境で、どういう仕事をし、どういう役割を持つことができるのか?ではないでしょうか。それを、具体的にわかりやすく説明するために、例えば現場のリーダーなり、先輩社員なりの声で、その会社自体の風土や社風、現場の環境をオープンに表すなどの工夫をしている会社は、技術者に限らず、労働者に対する意識が高いことが想像できます。

Recommend おすすめ記事一覧

大阪のJava求人はなくならない?

大阪のJava求人はなくならない? Androidアプリ開発、WEB系開発と、今大人気の大阪のJavaエンジニア求人。今後、将来的にも大阪のJava求人は、増えることこそあっても、なくなる見通しはありません。Javaエンジニア求人の背景にあるのは、急拡大中のスマートフォン市場です。Androidアプリ開発のみならず、WEB系開発も、スマートフォン市場の拡大に伴って案件が増加しています。スマートフォン市場が消えない限り、Javaエンジニアニーズもなくなりません。 大阪のJava求人はなくならない?の詳細を見る

大阪ではJava案件の求人が急増中

大阪ではJava案件の求人が急増中 今、大阪のJava求人は急増しており、大阪のJavaエンジニア求人市場は、まさに売り手市場です。元々多数の案件がひしめくWEB系に加え、Androidアプリ開発が加わり、大阪のJavaエンジニア求人シーンは、今まさに人手不足の状況です。各社とも、Javaエンジニアの確保に必死に動いています。成長中の市場でビジネスを加速させるために、各社ともJavaエンジニアの確保は急務なのです。未経験者を採用して育成してでも戦力確保をする勢いです。 大阪ではJava案件の求人が急増中の詳細を見る

未経験からJavaエンジニアになる

未経験からJavaエンジニアになる Javaエンジニアになりたい未経験者にとって、今の大阪のJava求人市場は、過去に例のない好機といえます。スマートフォン市場拡大に伴って、Androidアプリ開発やWEB系の案件は日々増える一方ですが、どの企業も人手が足りずに人材確保に躍起になっているのが現状です。経験者をとりたいのはもちろんですが、あえて未経験者も採用し、自社で教育・育成して戦力として確保するという企業も増えています。 未経験からJavaエンジニアになるの詳細を見る